企業の成長への柔軟な対応

企業やビジネスの成長に合わせて、システムの柔軟なスケールアウトが可能

エクステンション方式による優れた保守性・再利用性

お客様にとって独自の処理が想定される部分にホットポイント(処理の差込口)を用意。既存の処理に影響を与えることなく「追加」や「差し替え」が可能なため、パッチの適用やバージョンアップの際の影響を最小限に抑えることができます。

マルチテナントにも対応した高度なスケーラビリティ

同一環境(シングルインスタンス)をマルチテナント(会社別)で共同利用することが可能なため、グループ会社が増える度に新しい環境を構築する必要はなく、低コストでグループ共同システムが実現します。グループ各社で要件が異なる場合には、同一基盤上に個々にカスタマイズすることも可能です。

企業規模を問わず幅広いシステム基盤に対応

Web/APサーバやDBサーバ、帳票サーバ、ロードバランサを、企業やビジネスの成長に合わせてスケールアウトし、段階的にシステムを拡張していくことが可能です。小規模から大規模への移行だけでなく、1社のみの基盤からグループ企業のシェアードサービス基盤まで、幅広く対応します。