よくあるご質問

周辺システムとの情報連携は柔軟に対応できますか?

「仕訳HUB」による柔軟なインターフェース構築が可能です。 その中でコード変換や仕訳形式への変換等も行えますので、周辺システムの改修を最小限に抑えることができます。