製品概要

定評ある共通基盤・開発基盤上に豊富な機能を搭載。
柔軟性や拡張性にも優れた会計パッケージです。

ACT-Potentiaは、国内No.1のワークフロー/Web開発基盤上に、豊富な標準機能を装備した、会計パッケージです。ノンカスタマイズでの導入も可能な高い業務適合性・ユーザビリティに加え、全社システム基盤の統一化を実現する柔軟性や拡張性を兼ね備えています。

企業成長のためのトータルソリューション

  • intra-martと独自基盤ACT-Potentia APFをベースに、SOA型のソリューションスイートを構成。
  • 実績あるintra-mart製品を基盤とすることで、基幹系と情報系の統合を実現。
  • BBSのオリジナル製品や国内の有力製品との豊富な連携実績があり、各システムの強みを組み合わせた疎結合システムを実現。
  • 充実した共通基盤・開発基盤を活用した、独自システムの構築やシステム連携にも柔軟に対応。

ACT-Potentia連携ソリューション

ACT-Potentia 6つの特長

1充実の標準機能

  • 30年近くにわたり実績を積み上げてきたACTシリーズにおいて培った充実の標準機能を搭載しました。
  • お客様の求める機能要件に柔軟に対応する高いFIT率を実現します。
  • ノンカスタマイズもしくは最小限のアドオンで導入でき、保守性の高いシステムが実現します。

2ユーザ中心型会計パッケージ

  • Webブラウザひとつで、全ての業務を誰でも簡単に処理することが可能です。
  • ワークフローと業務アプリケーションの一体化により、一元的な意思決定と稟議の管理が可能です。

3コストパフォーマンスに優れたライセンス体系

  • モジュール(×ユーザ数)単位のライセンス体系を採用しているため、業務に必要なモジュールに絞った無駄のない導入が可能です。
  • 必要最低限の業務処理・ユーザ数からスモールスタートし、段階的に拡張していくことが可能です。

4高度な機能拡張性

  • 画面やアプリケーションの全てを再利用可能な部品として提供しています。
  • 機能追加・拡張の際にも、バージョンアップ時の影響を極小化する機構を採用しています。
  • Webブラウザから、画面の設計/自動生成/動作確認が行える「ワークベンチ」を採用しています。

5グループ・グローバル利用

  • 同一環境(シングルインスタンス)をマルチテナントで利用でき、グループ会社でのシェアードサービスやITインフラの統合が実現します。
  • 多通貨、多言語に標準対応し、現地でのオペレーションを容易に実現します。

6Webブラウザ上での高い操作性を実現

  • ファンクションキーやEnterキーを活用したマウスレス操作など、Webブラウザ上で高い操作性を実現しています。
  • ファンクションキーの割り当て変更や、Enterキーによる項目遷移も可能です。