コラム

コラム「業務のペーパーレス化をサポート ~帳簿、決算・取引書類保存の電子化で業務効率の向上へ~」

国内の労働人口は減少を続けており、さまざまな業界・業種で“働き方改革”の取り組みが進められており、働き方改革関連法案は2019年4月から施行されます。

そうした働き方改革・生産性向上を図る上での有効な方策の1つが紙から電子メディアへの移行、すなわち「ペーパーレス化」であり、ペーパーレスは「働き方改革の第一歩である」として取り組まれている企業も増えています。
「ペーパーレス化」とは何を目指しているのか、取り組むためにはどういった視点が重要なのかを解説し、会社の業務効率化の一助となればと思っております。

コラム記事一覧

著者プロフィール

yano

矢野 敬一(やの・けいいち)

(株)ビジネスブレイン太田昭和
コンサルティング本部 CPA室 シニアマネージャー 公認会計士

学習院大学法学部法学科卒業後、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入社後、大手ERPベンダーを経て現職。
内部統制支援、経理業務改革、ERPの導入を行う中で、近年はペーパーレスの専門家として多くの業務改革プロジェクトに従事。セミナーでも多数講演している。