広報・出版

BBSがお薦めする書籍・出版物です!

BBSのコンサルタントによる執筆・監修による出版物を中心にご紹介いたします。貴グループ・貴社が激変する市場で勝ち抜くための新経営戦略立案のご参考になれば幸いです。

すらすら原価管理
(ビジネスブレイン太田昭和 倉林良行[著]/中央経済社発行)

すらすら原価管理  日本の経済を牽引してきた製造業は、かつてない転換期に直面しています。今までと同じことをやっていては勝てないという閉塞感に陥っています。こうした状況を打開するためには、今後の「戦略」と勝つための意思決定を支える「新たな経営管理のしくみづくり」が必要となっていることを意味しています。
 そこで本書は、今後の「原価管理」と「経営管理」の方向性を考える基礎として、現在の日本企業が直面している課題や新たな事業モデルについて再確認しています。

欧米企業から学ぶ グローバル連結経営管理
(ビジネスブレイン太田昭和[監修]中澤進・倉林良行・岩﨑啓太[編著]/中央経済社発行)

欧米企業から学ぶ グローバル連結経営管理  現状、日本企業で稼働している連結経営管理のしくみは連結の歴史の浅さゆえに、制度対応の延長線上に位置付けられたものといっても過言ではありません。また、デジタル管理の基盤となる管理会計のしくみも、経営判断あるいは情報開示に直結したものであるとは言い難い状況です。このような日本企業が持つ課題を見直すきっかけとして、IFRSという欧米企業文化を背景に持つ会計基準は極めて有用です。たとえば、連結経営管理のしくみ構築にはIFRSの持つ単一企業体という連結概念が、またボーダレス・ダイバーシティー対応のためのデジタル管理の基盤構築に対しては、IFRSが要請する会計基準の統一や決算日の統一の考え方が活用できます。
 本書は、日本企業と欧米企業の連結経営管理のしくみの相違点を明らかにしながら、計画管理、投資採算管理、連結ガバナンス、事業セグメント、業績評価基盤、連結原価管理、CMS、為替リスク管理、税務戦略、IT基盤等の論点を解説しています。

包括利益経営 ~IFRSが迫る投資家視点の経営改革~
(ビジネスブレイン太田昭和 会計システム研究所 所長・アロウズコンサルティング 顧問 中澤進 公認会計士 石田正[共著]/信越化学工業 顧問・前金融監督庁 顧問 金児昭[監修]/日経BP社発行)

包括利益経営 ~IFRSが迫る投資家視点の経営改革~  本書は両筆者の事業会社での実務経験に基づいた視点から、そもそも、日本企業が解決しなければならなかった課題がどのようなことで、IFRSをきっかけとしてどのように対応していくのが適切であるかを解説したものです。勿論、経営者がIFRSの本質を理解する上で欠かせない包括利益・公正価値などについて、実務的な視点や歴史的な背景にも焦点を当て、会計の専門知識がなくても理解できるようにわかりやすく紹介しています。

税務に強い会社は成長する!!
(株式会社ビジネスブレイン太田昭和 特別顧問 澤村淑郎 税理士 畑中孝介 共著/大蔵財務協会発行)

税務に強い会社は成長する!!  米国のサブプライムローンから発生した世界金融危機は今や実体経済にも大変な影響を及ぼしています。
 本書では、そんな波乱の時代を生き抜くための『21世紀型経営モデル』として、グループ経営、キャッシュフロー経営、企業価値創造経営を取り上げ、その中で重要性を増す企業経営における税務戦略即ち『マネジメントタックス』として戦略的税務、組織再編税制、連結納税制度、M&Aの税務及び税効果会計について言及しています。

情報セキュリティガバナンス ~情報漏えい対策と内部統制~
(日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社、グローバルセキュリティエキスパート株式会社 共著/澤村淑郎監修/生産性出版発行)

情報セキュリティガバナンス ~情報漏えい対策と内部統制~  「情報セキュリティに絶対はなく、事故は起こりうるもの」との前提に立ち、対策を対症療法的対応で済ませるのではなく、自律的・継続的に改善・向上する仕組みを導入することが必要です。つまり、社会的責任にも配慮したコーポレート・ガバナンスと、それを支えるメカニズムである内部統制の仕組みを、情報セキュリティの観点から企業内に構築・運用すること、すなわち「情報セキュリティガバナンス」の確立が求められます。
 本書は、情報セキュリティガバナンスを構築するための考え方から実装方法までを分かりやすく解説しています。

こんな会社は倒産する!! ~組織活性化のポイント~
(澤村淑郎著/財団法人大蔵財務協会発行)

こんな会社は倒産する!! ~組織活性化のポイント~  (株)ビジネスブレイン太田昭和の創業者である山崎甲子士より指導を受け、経営コンサルタントとしても豊富な経験を持つ著者澤村淑郎が、自らの経験を基に、企業の危機管理のノウハウと組織活性化のヒントを分かりやすく解説しています。中堅企業経営者向けの経営指南書としてご活用下さい。

【実施基準対応】日本版SOX法の実務の手引き
(ビジネスブレイン太田昭和 アカウンティングコンサルティング部CPA室長 公認会計士 小宮 一浩 [著]/グローバルセキュリティエキスパート 代表取締役社長 澤村 淑郎 [監修]/中経出版発行)

【実施基準対応】日本版SOX法の実務の手引き  2005年12月に企業会計審議会内部統制部会より「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準のあり方について」(日本版SOX法)が公表され、2007年1月にはその「実施基準」が公開されました。
 本書は、実施基準で示される具体的数値基準にいち早く準拠した実務指針で、日本版SOX法の要点全てがわかる1冊です。

活動基準利益分析ABPA<Beyondバランス・スコアカード>
(マーシャル・W・マイヤー著/ビジネスブレイン太田昭和 訳/シュプリンガー・フェアラーク東京発行)

活動基準利益分析ABPA<Beyondバランス・スコアカード>  企業の業績評価や将来の見通しを予測するツールとして、今なお主要な地位を占めているバランス・スコアカード(BSC)。しかし、多くの企業で指標の多さや難解さ、または測定時における恣意性等、問題点も数多く指摘されている昨今、BSCが企業経営のコックピット的役割を果たすには限界があることを感じざるを得ない。
 このような課題を解決し、企業のパフォーマンスを再考する手法として新たに考案されたのが「活動基準利益分析(Activity-Based Profitability Analysis)」(ABPA)である。
 ABPAは、売上を顧客別、活動別に分け、さらにコストを活動別に分解し、最終的に個々の活動に顧客から得られる利益をひもづける分析手法で、バランス・スコアカードとは違って基本的なポイントに着目している。
 本書は、はじめに企業価値向上のためのパフォーマンスとは何かを解き明かし、指標のカオスからの脱却、財務中心の業績評価からパフォーマンス・チェーンに基づく評価を中心にABPAを提言する。
 ABPAがバランス・スコアカードを越える存在として、今後注目を集めていくことは間違いないだろう。

四半期人事マネジメント 【制度設計・導入・運用・効果測定】
(ビジネスブレイン太田昭和 コンサルティングカンパニー著/生産性出版発行)

四半期人事マネジメント 【制度設計・導入・運用・効果測定】  現在では、成果に基づく実力主義への移行が急テンポで進展している。この動きはもはや動かし難いものとなっている。またこれに合わせて雇用の流動性も高まっている。この変化の中で経営者は、新しいパラダイムに適した経営システム、企業風土、人事システムの統合を効果的に成し遂げているであろうか。答えは否である。
 人事諸制度における年功序列と終身雇用部分の手直しはしているものの、その長所をなくし、それに変わる新しい強みとそれに適合する経営システムの構築ができていない。
 本書は、人事システムと経営システムを統合し、利益を生み出し、従業員のやる気を高めるために開発したクォータリー・マネジメント人事システム(四半期人事制度)について、実際の導入事例をもとに、そのコンセプトから導入・運用の実務までを解説したものである。

戦略実行力のマネジメント 四半期経営の実践モデル
(ビジネスブレイン太田昭和 コンサルティングカンパニー著澤村淑郎監修/ダイヤモンド社発行)

戦略実行力のマネジメント 四半期経営の実践モデル  2004年第1四半期、いよいよ東証・大証上場企業にも四半期決算の開示が求められるようになります。それゆえ、マネジメント・サイクルを1年から半期、そして四半期に速めていく必要性はますます高まるでしょう。ですが、問題を抱えたままスピードだけを速めようとしても、混乱を招くだけです。戦略を確実に「実行」できる体制が整ってはじめて意味を成すのです。
 本書では、戦略実行力を高める3つのフェーズを提案。これにより、全社戦略と部門戦略、個人の成長目標と評価までを一気通貫させることが可能となります。

ナレッジ・ダイナミクス -知識活用を加速させる7つのステップ-
(知識増幅産学協同プロジェクト (株)ビジネスブレイン太田昭和/武蔵工業大学編著 工業調査会発行)

ナレッジ・ダイナミクス -知識活用を加速させる7つのステップ- ○あなたの会社の「動かないナレッジ・マネジメントを救う7つのステップ
・ 知識増幅産学協同プロジェクトの研究成果+コンサルティング・ファームのプロジェクト成果
・ ナレッジ・マネジメントをめぐる5つの問題と5つの相克
・ 「ナレッジ・クロス・マップ」で現状評価;「ナレッジ・マトリクス」でどんなナレッジを強化すべきか決める;
「ナレッジ・アクセル」で強化策を実施;「ナレッジ・サイクル」で業務プロセスとナレッジ・マネジメントを一体化

○動かないナレッジを動かすナレッジ・ダイナミクス・サイクルと20のナレッジ・アクセル
・顧客と組織のナレッジを融合させる
「顧客中心主義のシナリオ構築」「業務サイクルとカスタマー・ナレッジの連携」「営業案件の早期登録のインセンティブ」 「個人別業績評価の廃止とチームや部門の業績評価への移行」 ・属人ナレッジを組織に移転して事例を蓄積する
「知恵だしセッション」「ナレッジ・キャリア制度」「ナレッジ・スクィーズ制度」「ナレッジ・ボトルネック組織」「ナレッジ電子コミュニティ」
・事例を普遍化する
「仮説検証型ツリー」「仮説検証のナレッジ・サイクル」「プロジェクトナレッジの蓄積:あがり報告書」
・普遍化されたナレッジがビジネスを生む
「自律運営型ナレッジ触発組織」「アイデアと新企画のナレッジ電子提案コミュニティ」「起業をうながす企業内ナレッジ大学」「大部屋方式の商品開発」
・無形資産が戦略的な競争力を高める
「市場価値のあるナレッジの外販」「ナレッジ・マネジャーのミッション」「プロジェクト・マーケット&プロジェクト・アサイン・マーケット」 「ナレッジ・フリーエージェント制度」

甦れニッポン未来への挑戦 -変革に挑む中堅企業50社-
(日本工業新聞社編 日本工業新聞社発行)

甦れニッポン未来への挑戦 -変革に挑む中堅企業50社-  「甦れニッポン 科学技術創造立国へ」。フジサンケイグループの日本工業新聞が、このキャッチフレーズを打ち出したのは2000年11月。誇りを、自信を、勇気を、もう一度取り戻し、この日本を元気に甦らせたい。そして、世界に誇ることの出来る創造技術、モノづくりに磨きをかけて産業を振興し、「科学技術創造立国・ニッポン」を築き上げて行きたい。そんな願いを込めてのキャンペーン企画の一環で出版された本冊子の中で、BBSの独自のメソッド(経営管理手法)である「オン・タイム・マネジメント(OTM)」と、それを発展させた「クォータリーマネジメント(QM)=四倍速経営」などによる、顧客企業における経営革新への力強いサポート体制を紹介。。

取締役ビッグバン 2002年取締役の役割と責任はこう変わる
(株式会社ビジネスブレイン太田昭和編 澤村淑郎監修/財団法人大蔵財務協会発行)

取締役ビッグバン 2002年取締役の役割と責任はこう変わる  今、「株主を意識した経営」という新たなテーマが日本の経営者に与えられています。現在、2002年通常国会での成立を目指し、取締役のあり方等の法制化を目玉とする商法の改正案に関する審議が進められており、今回の改正はここ10年来の見直し作業の総決算ともいうべき、抜本的なものになる予定です。
 その背景には「グローバル化」「コーポレートガバナンスの強化」「環境変化への機動的な対応」「資金調達の多様化と効率化」といった経営課題の解決を、法制度の面からバックアップする狙いがあると思われます。まさにこれらは、グローバルマーケットが日本企業に対し、改善を強く望んでいる事項でもあるのです。

ITソリューション -21世紀のビジネス戦略家-
(ダイヤモンド企業経営研究会編集/ダイヤモンド社発行)

ITソリューション -21世紀のビジネス戦略家-  学生及び若いビジネスパーソンに、ITソリューションの内容や実態をわかりやすく説明することを目的として編集。プロローグでは、IT革命の中身とECビジネスの現状、さらにITソリューション企業群の構図を解説。本文では、実際にITソリューションの提供を企業の基幹事業として位置づけている10社の先進企業を取材し、ITソリューションの具体例と経営革新に挑む企業の特色という二つの視点から紹介。

コンサルティング・ファーム -企業進化の仕掛人たち-
(ダイヤモンド企業経営研究会編集/ダイヤモンド社発行)

コンサルティング・ファーム -企業進化の仕掛人たち-  コンサルティング・ファームの役割や仕事の実際、代表的ファームの事業戦略、さらにはコンサルタントの具体的活動内容を知ってもらうための入門書として編集。第一部では、コンサルティング・ファームの歴史からその役割、コンサルタントに求められる能力に至るまでも、わかりやすい図解とともに幅広く説明。これを基礎知識として、第二部の事例研究-主要コンサルティング各社の徹底取材記事に進んでもらえれば、そこに書かれた内容をより深く理解できるだろう。

e-ビジネス時代の新経営管理
(株式会社ビジネスブレイン太田昭和編 澤村淑郎監修/生産性出版発行)

e-ビジネス時代の新経営管理  「計数管理と人事管理は経営を動かす車の両輪」のコンセプトに基づいた月次決算の早期化、人事情報の統合化、さらにフランチャイズ制と管理連結、スピード化に対応するクォータリー・マネジメントなど、新時代に生き残り、成長するための新経営管理手法を提起する一冊。

病院経営診断ハンドブック
(監査法人 太田昭和センチュリー医療福祉部、(株)ミックス編集/医学書院発行)

病院経営診断ハンドブック 長年病院に関する様々なコンサルティングサービスの実施経験によって蓄積し、体系化してきた(1)調査分析、(2)問題点の抽出、および(3)その改善案策定に関する手法をまとめた一冊。より効率的・効果的な外部コンサルティングサービスの利用を目的として、本書の調査分析診断のノウハウをお役立てください。

M&A時代を勝ち抜くグループ経営
[バーチャルアカウンティングの実践]
(財団法人大蔵財務協会発行)

M&A時代を勝ち抜くグループ経営  バブル崩壊後の「失われた10年」を経て劇的な変化を遂げた日本経済。ビジネスのグローバル化やインターネットの普及にともない、経営をめぐる環境そのものが変質していくなかで、連結経営、キャッシュフロー経営など企業グループとしての経営の可否が問われる傾向はますます強まっていくでしょう。本書ではこうした経営環境を「キャッシュフロー経営」「企業価値創造経営」「グループ経営」の3つの視点で切り取り、その重要性を確認するとともに、この3つが根本的には同じ内容を示すものであるという論旨で展開されています。また具体的な価値創造経営導入のポイントおよびそれを実現する情報システムに関しても言及があるため、読者の問題解決に即効性のある一冊と言えるでしょう。

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス  コーポレート・ガバナンスの研究で世界的権威であるロバート.A.G.モンクス氏とネル・ミノウ女史の共著『Corporate Governance』が、ビジネスブレイン太田昭和の監修のもと、訳書『コーポレート・ガバナンス』-ガバナンス機能の徹底解明-として生産性出版より出版されました。
 本書は、「企業とは何か」、「株主:所有権」、「取締役:モニタリング」、「経営:業績」そして「各国のガバナンス」の5章で構成され、コーポレート・ガバナンスの機能を多面的に捉えており、コーポレート・ガバナンスの原典としてふさわしい書と言えます。
 著者の一人モンクス氏が三菱商事取締役会長である槙原稔氏のハーバードカレッジ時代の友人であることから、槙原会長自ら日本発行に当たり貴重なメッセージを寄せて頂きました。

クォータリーマネジメント
(株式会社ビジネスブレイン太田昭和編著/PHP研究所発行)

クォータリーマネジメント  今日、企業に求められるものは、「チェンジマネジメント」である。今大きく舵を切らない企業は数年後には困難な経営を強いられる可能性が大である。経営は環境変化に柔軟に対応して経営資源を最適に配分し有効活用することによって、企業価値の向上と企業の発展が約束されよう。チェンジマネジメントは、人・物・金といった経営資源の大幅な再配置と活用を意味している。しかも、それには経営環境の変化以上のスピードが求められている。「チェンジマネジメント」は同時に「スピード経営」が求められる。
 ここで、「チェンジマネジメント」を推進する手法として「クォータリーマネジメント」を提案したい。「クォータリーマネジメント」は、第一に、従来一年で考えていたことを四半期で考える。つまり、従来の四倍の速さをもって経営をすることを意味している。
 この時代にチェンジマネジメントに取り掛かるために、非常に有効な手法としてクォータリーマネジメントを提唱する一冊。

情報技術(IT)による企業改革
(澤村淑郎著/生産性出版発行)

情報技術(IT)による企業改革  株式会社ビジネスブレイン太田昭和の主席コンサルタントを務める筆者が、大企業から中堅企業まで4つの会社のスペシャリストとマネジメントを交互に経験した実体験に基づき執筆した、経営戦略策定と戦略展開手法の指南書。経営戦略を基本戦略、事業戦略、オペレーション戦略に分け、それぞれの意味と位置づけを明確にすることにより、全マネジメント、望むらくは全社員が、すべての経営戦略の立て方と展開方法を理解することを目指しています。本書におけるキーワードはタイトルが示すがごとく「情報技術(IT)」。経営戦略と情報戦略が融合した企業こそが繁栄するという著者の強烈な認識が、本書の底辺に流れています。

コンサルティングファーム
(ダイヤモンド企業経営研究会編/ダイヤモンド社発行)

コンサルティングファーム  コンサルティング業界を理解するための絶好の入門書。系統別主要ファームの具体的戦略と現役コンサルタントの本音座談会を収録。
 日本企業独自の経営手法を実現する株式会社ビジネスブレイン太田昭和が紹介。

国際会計基準と連結経営」を改訂出版

国際会計基準と連結経営」を改訂出版  企業はこれからのグローバルスタンダードとなる国際会計基準の導入によって、経営の手法や仕組みの変革が迫られています。本書の執筆者12名は全員が弊社の公認会計士であり、三十数年にわたる数多くの企業へのコンサルテーション・システム開発の経験を基に、日本の企業が置かれている状況を的確に把握した上で、経営管理面での対応から情報システム面での対応に亘る広範なテーマについて、真に役立つ提案をまとめ上げています。
 社団法人 商事法務研究会より出版された本書は、企業の経営者、財務担当者及びこれから経営を担う若い人達にとっての指針として最適の書です。

「実践的サプライチェーンマネジメント」を出版

「実践的サプライチェーンマネジメント」を出版  サプライチェーンマネジメント(SCM)を広義に定義すれば、顧客満足度の向上という観点から、各組織の機能及びプロセスの無駄を排除しつつ、経営資源の最適化を図るコンセプトと言えるでしょう。本書はSCMに関心があるものの、どうしたら良いかをもう少し具体的に検討したいという経営者・管理部門の方々に役立つガイドラインとして、大好評を頂いております。BBS/太田昭和監査法人/日本アーンストアンドヤングの共著(財団法人 大蔵財務協会より出版)であり、弊社コンサルタント3名が執筆しております。