人材採用

社員紹介【中途採用】

M.B. [ソリューション本部所属 / 商学部出身]

以前は、SI会社の社会公共関連のお客様を担当する部署で働いていました。そこでは入社当初、お客様のインダストリー毎に所属部署が決まっており、人のアサインも「プロジェクト=部署」といった形で流動的とは言えず、必要に応じて適材適所というのが、難しい環境でした。さらに退職するまでの2~3年の間は導入するWebシステムのフレームワーク箇所を担当していたので、業務から離れシステム色が強くなっていきました。こうした会社自体のやり方に疑問を抱き始めたのと、いろいろなお客様を担当しつつ、業務知識を深めていくといった自らの希望を満たすのが難しいと感じ始め、退職を決意しました。

転職活動で重視した点は、以下の通りです。
 ・ 業務改善をも考慮したシステムの提案、構築を行えること。
 ・ いろいろなお客様を担当しつつ、特定分野に強くなっていけること。
 ・ パッケージに特化していないこと。
 ・ 組織が細かく分かれていなくて、流動的なこと。

転職する際の会社選びの基準としては、業務改善の提案となるとやはり強いのはコンサルタント会社だと思い、コンサルタント会社をターゲットに絞り、就職活動を行いました。当社を選んだ理由は、「転職活動で重視した点」を満たしていたのと、コンサルタント会社といっても提案のみを行って構築や導入は行わない会社がある中で、提案のみでなく構築導入まで責任を持って自社主導で行っていたからです。

入社初日は夕方まで社内規則等に関する説明と社内案内を受け、その日中にプロジェクトに配属されてメンバーとの顔合わせを行いました。初めて担当することになったプロジェクトは予算編成のシステムで、半年くらいの期間でした。以前の会社で行っていたフレームワークの経験を活かしつつ、予算編成に関する業務システムを提案、構築するという役回りで、しかもプロジェクトに参加した時期が、立ち上がってまもなくという好環境で仕事をすることができました。これも面接をしていただいた現在の上司の方々が私の考えを理解して下さり、それを満たすよう考えてくれた結果だと思います。

最後になりましたが、これが当社に関する理解を深める助けになればと思い、私の経験を書かせていただきました。当社に入社を希望している方々と、一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。

M.Y. [ソリューション本部所属 / 工学部出身]

私はこの業界に身をおいてからずっと、若いうちにひたすらいろんなPJを経験しておき、いずれこの経験を生かして上流工程の設計ができるようになりたいと思っていました。しかし、以前勤めていた会社では私のこの要望を実行することが難しいと感じ、転職活動を始めました。

私が今回転職活動をするに当たって、特に注意したのは以下の点です。
 1. 個人の要望を聞いてくれようとしている。
 2. 1次受けの仕事で、直接お客様とお話ができる。
 3. コンサルティングの仕事が勉強できる。

特に際立ったスキルはありませんでしたが、「意気込み」だけを頼りに、不安な気持ちを抱えながらもいくつかの会社の面接を受けました。我ながらどういうわけかいくつかの会社から内定をいただき、大変悩みましたが、BBSにお世話になることに決めたのです。その決め手は『コンサルティングの分野に強いらしい(実際には「強い」のですが、この時点での私にはこの程度の認識しかありませんでした)』ということと、『面接をしていただいた方々から感じる雰囲気』。「コンサルティング」については、いずれは顧客と話をしながらシステムを作り上げていきたいという気持ちがあったのでとても魅力的でしたし、「雰囲気」については、言葉ではうまく言えませんが面接官の方々から「この会社なら間違いない」という安心感のようなものを感じました(これは「百聞は一見にしかず」です)。

「JAVAを勉強したい」と面接の時点から訴えていましたので、入社してからはどっぷりとJAVAに浸れるようなPJに配属させていただきました。業務上、内部設計書を書くことが多いのでなかなかプログラムすることは少ないのですが、設計書の上手な書き方を勉強する傍らで、JAVAについての理論的な部分や効果的なプログラミング法なども学びました。これからは、まだまだ新しく出てくる技術も習得しながら、これらをいかにシステム構築に生かしていけるかということをきちんと考えられるようにならなければと思っています。

BBSには、何とか社員を育てていこうとする姿勢があります。PJリーダー未経験の若年層に、小さいながらもPJのリーダーを任せ、将来の有能なPMを育てていこうという仕組みがあります。私が配属されているPJにおいては、JAVAでプログラムを組んだことがない人にも、後学のためにと簡単なプログラムを作成しながら勉強する機会を与えてくれました。当然利益を出していかなければいけないのですが、赤字を出しても今後有能な社員が育つならばという想いが感じられ、この会社は実行力がある懐の深い会社だなぁと感激しました。

面接のとき、面接官の方に「この会社は、自ら行動的に動けばチャンスを与えてくれる会社です。それをどう生かすかは自分次第ですよ」と言われました。私は面接で私の要望を訴え、実際に会社からはチャンスをいただきました。せっかくいただいたチャンスを生かすべく、毎日自分なりに励んでいるところです。励んではいても自分の力のなさに実際は落ち込むことが多いのですが、周りに目指す人がたくさんいてくれて、有能で追い抜かれてしまいそうな後輩もたくさんいるこの環境では、「とにかく自分が成長していかなければ」と落ち込む暇はありません。BBSは、自ら「育ちたい」と強く思う方にとっては、最適な職場なのではないでしょうか。

A.O. [東京支社 SI事業部所属 / 文学研究科出身]

前職では、主にオフコンでのシステムを開発するソフトハウスに勤務していました。早いうちから小プロジェクトながらリーダーとして仕事をする機会には恵まれていましたが、30歳を間近にして、自分の狭い視野での仕事の仕方に不安を覚えるようになっていました。今後、何かきちんとした方法論を身につけておかなければ厳しい時代になる、と思ったことが転職を考えるようになったきっかけでした。

■転職の目的(目標)は…。
 1. 確実にキャリアアップしていきたい。
 2. C/S系の技術を習得し、業務改善に役立つ仕事に就きたい。
 3. プロジェクト作業に集中できる環境で仕事をしたい。
 4. 将来、リーダー的な役割を担える人間になりたい。

■転職先に求める環境(希望)は…。
 1. ある程度の規模を持つ企業で、組織とは何か?を理解できる会社。
 2. システム開発の方法論において、ある一定の標準化された仕組みを持っている会社。
 3. 仕事を通して会計知識を吸収し、身につけることが可能な会社。

転職先としてある程度の希望を満たす会社はありましたが、「仕事を通して会計知識が身につく会社」という点で、単なるソフトハウスより監査法人系のコンサルティングファームであるBBSはとても魅力的でした。

現在私は、あるゼネコンの全社基幹システムのメンテナンスと顧客からの改善要望の実現を主に担当しています。社内では地味なプロジェクトではありますが、外からの知識が不足していた私にとって、一つの完成されたシステムやドキュメント体系等に触れることのできる環境は好都合のプロジェクトでした。また入社半年で、30人月超の支払システムの改修プロジェクトのリーダーに起用してもらう機会も得て、迷いつつも、協力会社さんを含めた各メンバーやクライアントの助けも借りながら、何とか無事にカットオーバーを迎えることができました。

プロジェクト管理にはほど遠く、様々なプレッシャーとの戦いでしたが、それでも今まで気づかなかったことや、反省点等もたくさんあり、次回のプロジェクトに活かしていける良い経験ができたと思っています。

実は入社間もない、しかも女性である私に、ポンとプロジェクトを任せるなんて、懐が大きいというか、何も考えていないのか、正直迷うところではありましたが、そこがBBSの良い点だと思います。女性でも働きやすくなったとはいえ、現実には色々なハンデがあります。しかしBBSではそのようなことを感じることはなく、私自身も余計なことを気にせず仕事に集中できる環境でとても満足しています。

ただ、これで全てに満足している訳ではありません。まだ自分の目標の一部だけが達成できただけであり、まだまだ道のりは長いと思っています。元々転職の動機として、「技術的な部分より、プロジェクト運営等の手法・業務知識の習得」に重きを置いていたので、今すぐに新しい技術を身につけ、別のプロジェクトで仕事がしたい、という気持ちはありません。とは言え、日々刻々と変化するIT業界。今後は新しい技術も習得しなければという焦りに似た気持ちは大いに持っています。将来的には技術系にもシフトし、そのような環境も求めて行くつもりです。そのために現在、日常の仕事の合間にJavaを用いてオブジェクト指向の技術を習得しています。

直接の業務以外でも様々な勉強の機会があり、それを実現する環境が整っているということもBBSの良い点です(ここが重要!)。また、必要なものがない場合には、上司に進言すれば実現可能な環境になるということもあります。今まで余裕がなかったこともあり、その恩恵に預ることはあまりありませんでしたが、最近何とか時間を捻出し、上述のJavaの勉強も会社の補助で学習しています。また今後はその他の資格にもチャレンジし、お客様から必要とされ、会社にも多少なりとも貢献のできる人間に成長していきたいと考えています。

T.S. [eテクノロジー推進室所属 / 理学部出身]

私が転職を考えるようになったのは、前職のSI系の会社に勤務していた当時、失敗プロジェクトを経験したことがきっかけでした。約2年半かけて担当した制御系分野の製品開発プロジェクトでしたが、現場担当者との設計段階でのすり合わせが甘く、性能面での不具合が原因でそのプロジェクトは途中で打ち切られてしまいました。
社会人になってまだ2年目だった私は、「モノ作りに没頭する先輩SEの限界」を感じ、あくまでも「顧客が日々の業務の中で抱えている問題を解決するためのシステム提案(コンサルティングSE)がしたい」と考えるようになりました。

「コンサルティングSE」と一言で言っても、すぐになれる職種だとは思っていませんでした。しかし、少なくとも自社で全工程を一貫して(コンサルティングからシステム構築まで)担当している会社でなければ、自分の夢は実現できないと思っていました。
BBSは、財務会計・人事など、経営に関わる分野を中心としたコンサルティングファームだと聞いていましたが、同時に改善内容の具体的な実行手段(情報システム化)を提案・構築するSI(システム・インテグレーター)企業でもあるという点が、BBSへの入社を決意した大きな理由でした。

BBSに入社後、まず私が担当したプロジェクトは、大手エネルギー関連企業向けの「地図情報システム(GIS)」プロジェクトでした。財務会計分野の業務システム構築の案件が多い社内で、私が所属する「eテクノロジー推進室」という部署は、先進の技術を研究しながら技術系システムを構築していく、社内でも少しユニークな部署に位置します。
私が担当した「地図情報システム(GIS)」は、すでにリリースされており、プロジェクトのフェーズは「保守」と呼ばれるお客様からの要望(システム修正や機能追加)を手がける作業でした。転職時のはやる気持ちが空回りするばかりで、なかなかお客様のニーズが引き出せず、システムの中にお客様の意見をどう反映させれば良いのか、思うような答えが出せないままのスタートでした。

幾度となく失敗を繰り返し、その都度悩み起き上がってきた成果でしょうか。地図情報を携帯端末などで手軽に持ち運べるようになれば、現場作業員の作業効率はどれだけ向上するだろう?そんな単純な発想がお客様に聞き入れられ、新たな案件として新プロジェクトが発足することになったのです。既存のGISシステムをダウンサイジング化していく作業ですが、プロジェクトメンバーの協力もあって順調に進み、更にはパッケージ化することで新商品として販売されるまでに至りました。今までいろいろと失敗し、その都度悩んできたことがようやくひとつの成果に結びついたのです。とても嬉しい瞬間であり、自分にとっても大変意味のある出来事でした。

BBSでの仕事は、以前の会社でも経験しなかったほど厳しい職場だと思います。しかし反面、このように仕事の上での充実感や達成感は大いに味わうことができる職場です。まだまだIT技術は進歩し、業務の内容もいろいろと変化していく時代だと思います。今後もお客様に喜ばれる新しいシステムを提案しながら、自分自身の充実感や達成感もさらに高めていきたいと思っています。