人材採用

職種紹介

システムコンサルタント

シナリオライターであり演技者でもある
[システムコンサルタント]というゼネラリスト

BBSのシステムコンサルタントは、その言葉が持つイメージと若干異なる性格を持っている。システムの組み直しまたは構築をリードする役回りなのだが、守備範囲は情報システムオンリーではない。むしろ顧客企業の業務面での提案に比重が置かれていると言ってもいい。この点でBBSは他のシステムインテグレータと一線を画している。逆に言えば、顧客企業がシステム構築にGo!を出しても、経営全般の改革という観点から望ましくないと判断した場合、BBS側から代替案を提示する可能性も大いにあるのだ。それは、時にシステム構築の否定という極端な結論に落ち着くことすらある。それが顧客企業にとって最もよいソリューションであれば、自信をもって提案する。システムコンサルタント――その言葉の響きにだまされてはいけない。もっとフトコロの広い仕事がBBSのシステムコンサルタントには課されている。

システムエンジニア

[システムエンジニア]が向き合っているのは
コンピュータではない人と人がつくる組織だ

BBSのシステムエンジニアはコンピュータの向こうにいつも顧客の顔を見ている――こう言っても過言でないほど彼らの興味は業務や人の組織に向けられている。それもそのはず、システムエンジニアが構築するシステムは、組織を潤滑に機能させるためのサポート役。顧客の顔が見えないひとりよがりのシステムは、こうした目的に合致しないばかりでなく、かえって障害となることを深く承知しているのだ。彼らは「コンピュータの知識は後からでもいい」とさえ言う。それよりも大切なのは業務改善の視点だ、と。現在BBSで活躍するシステムエンジニアの多くは、入社当時コンピュータの知識をほとんどもっていなかった。しかし入社数年ですでにプロフェッショナルである。環境が人を育てる好例と言えないだろうか。

経営コンサルタント

あるべき姿を描き道を拓き、しかも自ら道を固める
[経営コンサルタント]のスーパータレントだ

BBSにおいて経営コンサルタントはすべての源。顧客企業の経営戦略や基本構想など最もベーシックな部分に関わり、経営改善や情報システムの構築など一連の流れを制御する司令塔でもある。顧客のトップとのディスカッションを通して企業のあるべき姿を引き出し、その実現に向けて包括的なスキームを組み立てる。課題を解決するための具体案を案出し、ひとつひとつの段取りを整えていく。その多面性はまさにスーパータレント。「好奇心が旺盛で、テーマが変化し、フェーズが広がるのを楽しめる人でないと勤まりません」という言葉には圧倒的な迫力がある。能力と経験で顧客の信頼を勝ち取る超フロンティアの仕事である。