セミナー

 

「電子帳簿保存法及びe-文書法対応」セミナー

東京地区 2015.09.16
「電子帳簿保存法及びe-文書法対応」セミナー

日時 2015年9月16日(水)  15:00~17:00
場所 東京都港区西新橋1-2-9日比谷セントラルビル 
株式会社ビジネスブレイン太田昭和 21階デモルーム
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
協賛 JFEシステムズ株式会社
対象者 経理財務部門、情報システム部門の責任者様
受講料 無料
定員 40名
お問合せ先 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
セミナー担当:池田/柴田
TEL:03-3507-1310

セミナープログラム
15:00~16:00 「電子帳簿保存法及びe-文書法への対応に関して」
【講演内容】
従来、スキャナ保存による書類電子保存は、電子署名・タイムスタンプのためのコスト負担が大きく、申請はごく少数に留まってきました。しかし、今回(平成27年)の税制改正で、スキャナ保存の要件が緩和され、スキャナ保存での電子帳簿保存を行うメリットが増してきています。
また、帳簿の保存についても取り組み企業が増えていますが、「電子帳簿の承認要件が厳しくなった」、「税務調査の際に電子帳票ソフトウェアによる保存方式を否定された」等、当局の指導・指摘を受けることもある様です。
このような環境変化を踏まえ、電子帳簿保存法の法要件の確認、申請のポイントを確認すると共に、スキャナ保存を行う事によって実現されるペーパーレス業務モデルのご紹介を、電子帳簿保存法対応の経験豊富なコンサルタントがご説明致します。

【講演者】
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
コンサルティング統括本部 AC本部 CPA部
マネージャー  矢野 敬一
16:10~17:00 「e-文書法対応ソリューションのご紹介」
【講演内容】
当社では、仕訳帳や総勘定元帳などの会計帳簿をデータアーカイブする
製品をリリースしており、多くのお客様にご利用いただいております。
また、この度、規制緩和される税務関係書類のスキャナ保存に対応した
「e‐文書保存ソリューション」を新しくリリースいたします。
本対応により、紙書類のスキャナ保存はもとより、会計帳簿・電子取引データの全ての電子保存に対応するトータルソリューションを
ご提案させていただきます。
本セッションでは、上位システムが作成したデータアーカイブ機能はもちろん、e-文書法の要件緩和を見据えた各種機能の紹介、デモンストレーションにてご説明いたします。

【講演者】
JFEシステムズ株式会社
プロダクト事業部 営業部 e-ドキュメント営業グループ
セールスマネージャー 橋本 裕之