セミナー

 

一歩先を行く経営管理

大阪 2015.10.21
一歩先を行く経営管理
~分析力と予見力が会社を動かす~

日時 2015年10月21日(水)  13:30~16:00
場所 梅田阪急ビルオフィスタワー26階セミナールーム
(大阪市北区角田町8番1号)
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
対象者 経営企画部門、営業部門責任者・営業推進部門、情報システム部門の方
受講料 無料
定員 60名
お問合せ先 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
担当:中川 裕修
TEL:06-6940-0050
FAX:06-6312-1810

セミナープログラム
13:30~14:30 経営管理の鍵 『分析力と予見力』
経営管理やマーケティング分析実施にあたり、最初に考えることは、その分析をすることで自社がいかなるアクション(改善策)をとれるかを想定することが重要です。一方過去のデータを分析するだけでは不十分な不確定要素の高い市場でビジネスを行っている企業では、複数のシナリオを想定できる予見力が重要となります。このような無理・無駄のない経理管理業務、マーケティング分析等を確立する方法についてお話します。そして各分析業務が部門ごとに孤立した環境で実施されるだけでは不十分で、これら一気通貫で実現できる全社レベルの分析業務を確立することが企業価値向上の決め手となります。

【講演者】
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
コンサルティング統括本部
マネジメントコンサルティング部 
シニアマネージャー
矢 代 昭 彦
14:45~15:45 失敗しない分析ツール選び
実際の経営管理を行う上で、避けて通れないのがソフトウェア選びです。一般にEPM/BIツールやマイニングツールと呼ばれてるソフトウェアが必要になりますが、製品により対象とする業務、機能、特徴が異なるため、分析の目的・内容、予算値・計画値の策定方法に合致したものを選ぶことが重要となります。
また以前BIツールを購入した経験がある企業様や、EXCELでも十分とお考えの企業様も少なくないと思います。そのような企業様ではEXCELや既存のBIツールが、本来目指すべき経理管理や分析業務にも適合できるか、検討する一助になるようお伝えいたします。
その上で実際に多くの企業様でご使用されているツール見ていただき、その有用性・活用範囲等を理解いただきます。
※当セミナー会場において、ご紹介するツールのデモコーナーも併設予定です。

【講演者】
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
コンサルティング統括本部
マネジメントコンサルティング部 
シニアマネージャー
矢 代 昭 彦

マネジメントコンサルティング部 
シニアコンサルタント
浜 部 大

大阪支店
マネージャー
鈴 木 由 紀