セミナー

 

戦略人事カンファレンス2017

東京 2017.07.14
戦略人事カンファレンス2017
「働き方改革」推進、今企業に必要な取り組みとは?                                 ~人事管理「攻」と労務管理「守」の両面から~

日時 2017年7月14日(金)  14:00~16:30
場所 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
 東京都港区西新橋1‐2‐9 日比谷セントラルビル21階 デモルーム
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
株式会社さかえ経営
AJS株式会社
対象者 経営層、人事・総務部門の責任者・企画担当者、事業部長、経営企画部門の責任者 など
受講料 無料(要予約)
定員 30名
ご挨拶 「働き方改革」の推進は今や全ての日本企業にとって喫緊の課題となっています。約8割の企業が長時間労働の改善、残業時間の削減に取り組んでいるという調査結果もありましたが、「働き方改革」は範囲も広く、中長期的に取り組まなければならないことも多いため、部分的な対症療法では根本的な解決に至らないことが懸念されます。
そこで、今回の戦略人事カンファレンス2017では

 「働き方改革」推進、今企業に必要な取り組みとは?
  ~人事管理「攻」と労務管理「守」の両面から~
 
と題して、全体像、人事管理面、労務管理面のそれぞれについて整理しました。加えて重要性の高まる人事評価において働き方改革を支援する人事考課システム「P-TH」をご覧いただきます。
 今回ゲストスピーカーを務めていただく株式会社さかえ経営の森田征氏は、月刊人事マネジメントに2017年3月まで“ブラック企業/ホワイト企業-その分岐点を探る”を執筆し、6月号からは「働き方改革」について連載をされるこの分野のスペシャリストです。多くの企業様の有益なヒントになるはずです。
 ご多用中とは存じますが、関係部門のご担当者様には、是非ご参加賜りますようご案内申し上げます。
お問合せ先 株式会社ビジネスブレイン太田昭和 アウトソーシングサービス事業部 阿久津浩美・西郷衣子

セミナープログラム
14:10 第1部:働き方改革と人財・労務マネジメント
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
 アウトソーシングサービス事業部 人事コンサルティング部
  部長 伊藤雅幸

■「働き方改革」推進における日本企業の取り組みの現状
■ベースとなる人財・労務マネジメントの基盤
■「働き方改革」における人財・労務マネジメント上の課題と推進の留意点

「働き方改革」の全体像を把握し、人財そして労務マネジメントの攻守両面における課題を体系的に整理した上で、推進における留意点を総合的に解説します。今後の「働き方改革」推進において何をどのように取り組むべきかを検討する上でのガイドとなるはずです。
14:45 第2部:生産性向上に向けた「働き方改革」のポイントと労務対応
株式会社 さかえ経営
 代表取締役 森田 征

■「働き方改革」推進における他社の動向と共通する問題課題
■実施における着眼点とアプローチ
■働き方改革における生産性向上事例

現状の働き方改革の実施状況や問題課題を考察し、人事労務の視点ごとに必要なポイント・アプローチを解説していきます。また、さかえ経営が昨年度調査した約100社のデータを元に、生産性向上に向けた企業の最適な「働き方改革」取り組みの事例を交えてご説明します。
15:15 第3部:「同一労働同一賃金」実現に向けた人事制度再構築事例
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
 アウトソーシングサービス事業部 人事コンサルティング部
  シニアコンサルタント 堀井健彦

■「同一労働同一賃金」実現への取り組み手法
■紹介企業の背景
■人事制度再構築の取り組み概要紹介

「同一労働同一賃金」実現の観点から、様々な雇用形態がある中での人事制度の再構築をどのように進めればよいかについて、実際の取り組み事例を交えてご紹介します。「働き方改革」の一環として、今後「同一労働同一賃金」実現に取り組むことを想定している企業様の参考になるはずです。
15:50 第4部:「働き方改革」を支援する人事考課システム「P-TH」
AJS株式会社
 ビジネスソリューション事業本部
 ソリューション第2事業部 ビジネスシステム4部
  井本浩彰

■会社概要
■人事考課システム「P-TH」の機能概要
■「P-TH」でどのように「働き方改革」を支援できるのか

人事考課システム「P-TH」の多彩な機能をお伝えし、「働き方改革」をどのように支援できるのかを具体的にご紹介します。評価表の回収・集計、チェック会議の効率的な運営、アンケート機能による効果測定など、制度の運用負荷が課題の企業様の参考となるはずです。