セミナー

 

「働き方改革」を実現したRPAの導入事例と進め方

東京 2018.12.04
「働き方改革」を実現したRPAの導入事例と進め方

日時 2018年12月4日(火)  15:00~17:30(開場14:30)
場所 株式会社ビジネスブレイン太田昭和 本社セミナールーム
(東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル21F)
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
協賛 有限会社ナレッジネトワーク
RPAテクノロジーズ株式会社
対象者 経理部門責任者様、情報システム部門責任者様
受講料 無料
定員 30名
お問合せ先 第5SI営業部 山本

セミナープログラム
15:00-15:10 ご挨拶
15:10-16:40

有限会社ナレッジネトワーク
代表取締役社長
中田 清穂 氏
基調講演「経理部門の働き方を変える決定打『RPA(ロボティクス)』の実態と活かし方」

 社内各部の残業が減っていく中で、特に決算期の残業や休出が一向に減らない経理部門が、『働き方改革』を推進する人事・総務部などから強いプレッシャーを受けているようです。大規模なシステム投資をしなくても、人間の作業を自動化するロボティクス(RPA)は、認知度が劇的に高まり、関心は大変高まっています。しかし、その関心の高まりと比べると、実際には導入されることは多いとは言えない状況です。
 このような状況の下で、第一部では以下の内容を解説します。

・日本で利用されているRPAにはどのようなものがあるのか
・なかなか導入が進まないのはなぜか
・どのような経理業務に使えるのか
・RPAを導入する上での留意点は何か
・RPAで自動化させるのは誰か(システム部門か経理部門か)
・RPAは内部統制上、問題とならないのか
16:40-16:50 休憩
16:50-17:30

RPAテクノロジーズ株式会社
セールス&デリバリー部 
グループ長
鈴木 雄一郎 氏

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
RPA研究所長
米山 祐介
第二部「経理部門におけるRPA活用事例とデモンストレーション&BBSのRPAの取組み実績」