セミナー

 

e-文書法対応によるペーパーレス化の実現

東京地区 2019.03.14
e-文書法対応によるペーパーレス化の実現
~電子保存だけでは終わらない! AIを活用した データ抽出・RPAによる業務モデルのご提案~

日時 2019年3月14日(木)  13:00~15:00
場所 株式会社ビジネスブレイン太田昭和 本社セミナールーム
東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル21F
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和、株式会社日立ソリューションズ
対象者 経理部門、情報システム部門責任者様、担当者様
受講料 無料
定員 40名
お問合せ先 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
担当:小田島
TEL::(03)-3507-1310
Mail:bbssales@bbs.co.jp

セミナープログラム
講演① 業務改善に繋がるe-文書法対応のご紹介
■セミナー概要
 スキャナ保存による書類電子保存は、平成27年度の大幅改訂(金額基準の見直し、電子署名の撤廃)や平成28年度のスマートフォンでの撮影許可などにより、保存要件が緩和され、スキャナ保存・ペーパーレス化に関心がある企業は格段に増えています。それに止まらず、国税関係書類以外の文書もペーパーレス化の対象として考える企業が増えています。一方で、e文書法は、多岐にわたる法律を包含しており、その法要件を確認する作業が大変だという声を聞くことが多くなっています。
本セッションでは、電子帳簿保存法の法要件、申請のポイントの紹介や、スキャナ保存の事例、e文書法対応のために押さえるべきポイント、取り組み事例をご紹介するとともに、さらなる業務改善へ向けたAIを活用したデータ抽出、RPAでのデータ入力業務を組み合わせたシステムへの入力負荷軽減やチェック業務の効率化等の業務モデルを経験豊富なコンサルタントがご説明します。

■講演者
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
コンサルティング本部 CPA室 シニアマネージャー 公認会計士
矢野 敬一
講演② AIを活用し業務効率化を実現するスキャナ保存のご紹介
■セミナー概要 
 取引先から受領した請求書などの紙書類を参照しながら、支払い処理業務などの経理業務でのデータ入力業務や、文書管理システムへ登録するためのデータ入力作業が大きな作業負荷になっていませんか?   
 本セッションでは、紙書類の情報をAI技術でデータを抽出し、経費精算システム等へのデータ入力作業の業務効率化を支援するソリューションをご紹介します。また、抽出したデータを検索用のキーワードとして文書管理システムに登録することで、電子帳簿保存法(スキャナ保存)への適用を支援するソリューションをご紹介します。

■講演者
株式会社日立ソリューションズ
調整中