セミナー

 

働き方改革における情報セキュリティ

東京 2019.10.23
働き方改革における情報セキュリティ

日時 2019年10月23日(水)  14:00~16:15
場所 株式会社ビジネスブレイン太田昭和 セミナールーム
東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル21F
主催 ワンビ株式会社
グローバルセキュリティエキスパート株式会社
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
対象者 ユーザー企業の経営者、CIO(最高情報責任者)、情報システム部門、経営企画部門、人事担当部門、事業(ビジネス)部門、教育向けの情報システム担当の皆様 (※ユーザー企業様を対象としております。ユーザー企業のご参加を優先するため、ITベンダー様およびシステム開発事業者様のご応募をお断りする場合があります)
受講料 無料
定員 40名
お問合せ先 ワンビ株式会社 セミナー担当 TEL:03-6856-4814

セミナープログラム
14:30~15:00 「「働き方改革」の本質に迫るために人事部門がなすべきことは何か」
働き方改革関連法が本年4月に施行されました。時間外上限規制、有休取得義務化への対応により、各社とも労働時間の適正化に取り組まれていることと思います。
しかし、働き方改革のより本質的な部分に迫るためには、労働人口が減少する中でいかに企業の「人財力」を維持し、向上させるかという中長期的な取り組みが不可欠となります。
本講演ではこうした中で、「人財力向上」に正面から取り組むための基盤整備という観点から、テレワーク等に代表される長時間労働の是正、働き方の柔軟性の向上等に親和性の高い仕組みづくりとそれを機能させる人財マネジメントのあり方などについて解説いたします。

講演者:株式会社ビジネスブレイン太田昭和 マネジメントサービス本部 アウトソーシングサービス事業部 人事コンサルティング部 シニアコンサルタント 塩川 崇年
​ さまざまなお客様のもとで人事制度構築・定着化のコンサルティングを実施。また、事業会社の人事部門における制度運用担当としての経験も有している。
15:00~15:30 「テレワークに必要なセキュリティ管理」
働き方改革関連法が施行されると共に、2020年開催予定の東京オリンピックに向け、「テレワーク・デイズ」「2020TDM」などの取り組みが始まっています。
しかし、多様な働き方、特にPC等の端末を社外に持ち出して利用するテレワークは、利便性の反面、情報セキュリティに関するリスクもあります。
本講演では、働き方改革を推進する上で考慮すべきリスクをどのように管理すべきか、サイバーセキュリティ教育カンパニーのコンサルタントが解説します。

講演者:グローバルセキュリティエキスパート株式会社 コンサルティング事業部長 和田 直樹氏
情報セキュリティのコンサルタントを、官民多数の顧客に対して、約15年以上実施している。
15:45~16:15 「データを紛失したら消す!働き方改革で変わったエンドポイントセキュリティ」
企業のグローバル化や技術革新の進展に伴い、DX(デジタルトランスフォーメーション)でのインシデントによる被害はより甚大なものとなっています。効果的なセキュリティ対策には、「ガバナンス」の整備と網羅的なセキュリティ対策が求められます。本セミナーでは、エンドポイントセキュリティの先進企業の取り組みをご紹介し、IT資産の導入から廃棄までの安全性について説明いたします。

講演者:ワンビ株式会社 代表取締役社長 加藤 貴氏
2006年にワンビ株式会社を設立。前職では、トレンドマイクロで「ウイルスバスター」など20もの製品のプロダクトマネージャー、サイボウズでは大企業向けのグループウェア「サイボウズ ガルーン」の製品立ち上げと商流の確立に携わった。