サービス内容

Analytica Framework

1.背景

ビジネス・アナリティクス(BA)とは、事業の現状を分析するビジネス・インテリジェンス(BI)による分析結果を踏まえて、仮説検証に更なる分析を実施することにより、将来に備えるべく次に取るべき行動指針を提示しようとする考え方です。

BIは現状分析であり、ビジネスの進捗と結果のモニタリングからパフォーマンスを最適化するものであるのに対して、BAはデータから事象の要因探査と将来予測により、意思決定の最適化を実現するものと言えます。

BAを活用すれば、看過しがちな傾向変動やパターンの把握が可能になり、事象の予測や今後の対策案に、分析結果を的確に反映することにより、効率的に成果を挙げることが可能となります。企業や組織の成長の促進やコストの抑制だけではなく、計画遂行の障害となり得るリスクを特定してタイムリーに対処することが可能となります。

BBSでは、BA領域のコンサルティングをより効果的・効率的に行うために、独自の分析ツール『Analytica Framework』を開発致しました。

2.『Analytica Framework』に含まれる分析手法

※上記分析手法を順次リリース予定

3.分析手法例

(1)MADM(多基準評価による優先順位付け)

MADM( Multiple Attribute Decision Making :多基準評価モデル)とは、複数の代替案を種々の基準により評価する場合に、データ属性を問わずに一元的に順位付けを可能とするシミュレーションモデル。

(2)LP(Linear Programming)

LP (Linear Programming)とは、線形計画法といい、いくつかの1次式で表わされる制約条件を満たし、かつ、1次式で表わされる目的関数を最適化(最大化または最小化)する解を求める数学的手法。