サービス内容

電子帳簿保存法対応

1.背景

電子帳簿保存対応はかねてから行われてきましたが、システム環境の変化や情報利用ニーズの変化により、以下のような課題を抱えておられるのが実情です。

(1)大量の紙印刷・保存をなくすため、電子帳簿保存法の適用申請を受けたい

会計システム等の再構築(リプレース)にあたって電子帳簿保存法対応を行いたい、あるいは現状システムで出力している法定帳簿体系や各帳簿の表示項目が税務要件を充足しているか明確にしたい、といった課題です。

(2)電子帳簿保存法の適用申請後に、当局から指摘を受けている

最近税務調査で一部申請内容を満たしていないという指摘を受けたり、最近会計システム等の見直しを行ったが、申請内容の変更手続きを行っていない、といった税務当局への対応課題です。

(3)帳簿情報提供をより効率的、効果的に行いたい

月次部門資料等の紙配信に関する印刷・配信コストを削減したい、または各部署が紙で配信された資料に基づき、再入力・再加工しているためデータで配信したい、といったコストダウン、効率化に関する課題です。

(4)帳簿情報のセキュリティ管理を強化したい

各部署がどのような情報を利用しているのか、利用履歴を管理し、情報アクセスのセキュリティを強化したい、といった情報統制管理に関する課題です。

2.電子帳簿対応のポイント

(1)税務当局の要請に応えつつ企業目的を達成するための要件

① データ容量の抑制と検索レスポンスを確保した長期保存に適したシステム
② 電子帳簿保存法上の検索要件を満たす検索機能
③ スプールデータではなくシステムデータを保持
④ アクセス制限などのセキュリティ機能

(2)課題が生じるシステム構成

hourei_61

(3)BBSがご提案するシステム構成

① 明細取引から集計転記される仕訳までを紐付で管理できる「仕訳HUB」導入
② 過年度の大量データを高速に検索できる、電子データ保存システム「Data Delivery」導入

hourei_62