サービス内容

単体会計

単体会計サービスの主な支援メニュー

企業経営の基盤となる財務会計と管理会計の両面から、その早期化、効率化、精度向上等を図るための具体的な業務改善策とIT改善策をご提案いたします。

財務会計 決算早期発表とは証券市場から常に求められる、経理部門にとっての永遠のテーマです。決算早期化を実現するためには、債権、経費、固定資産など、とかく月末月初に処理が集中がちな業務において、事前情報を活用しての業務の前倒しや自動化のご支援を致します。
原価計算・原価管理 原価計算・原価管理は会社損益計算の中核にある業務で、常に情報の正確性と有用性が必須です。予算管理制度と連携された原価管理と、実際原価を見える化し現場と本社への有用な情報提供をする原価費目の整理を行いながら、本社と製造現場双方が原価の実態を共通認識できる制度の構築をご支援いたします。
予算管理・見通し管理 予算・実績対比は予算編成時の編成根拠を事後検証しているもので、その分析結果のみで見通し予測を立てるのは変化の激しい環境下では十分とはいえません。予算・見通し対比の分析を加味して意思決定を調整すると共に、アクションプランへフィードバックすることで経営目標達成を確実に行うための基盤構築をご支援いたします。
製品ライフサイクル管理 近年の経済環境化においては、有効な投資領域へ経営資源を集中するため、更に量産段階以前でのコストダウン効果を得るため、複数年度に亘っての製品ライフサイクル原価の把握と業績評価の仕組みが必要です。製品ライフサイクル管理制度に必要な「原価実態の見える化」を実現するため、総原価の発生状況把握、管理対象原価の範囲定義、各管理対象原価の集計方法と管理方法の確立等の管理基盤構築をご支援いたします。
資金管理 資金管理とは企業の生命線を握る資金繰りに代表されるように、企業規模の大小を問わず重要な業務です。しかし現実の資金管理では、資金繰り情報が限定的・不正確といった課題や、複数個所での入出金業務による業務非効率などがあり、十分なレベルでの資金管理が実現できていない場合があります。今後の資金管理は、資金予算管理から資金繰り管理までをトータルした長期・中期・短期での資金計画管理がなされるべきです。また日常の入出金業務としては、支払集中・資金集中を進めて資金コストの最小化と資金繰り精度の向上が実現できる環境構築が期待されます。