サービス内容

工事管理テンプレート

製品概要

機能拡張に柔軟に対応(テンプレート型)。弊社が建設・設備業のお客様のシステム構築を数多く手掛けた中で培われた工事原価管理のノウハウを結集したソリューションです。

建設・設備業工事様の工事原価管理を中心にした業務を広範囲でカバー

工事管理テンプレートは、工事原価状況を管理するために必要な、受注、実行予算、調達、在庫、売上などの幅広い範囲をカバーしております。
また、蓄積された工事原価情報を分析し、さらなるコストダウンを実現するための機能を特徴としております。
建設・設備工事における工事原価管理についてはパッケージなどが適用しずらい業務分野であるため、標準機能のままでも『引合~竣工まで』の一連の業務に対応可能ですが、 お客様独特の業務の特長を活かしつつ、基幹システムとして求められる機能を柔軟にアドオンできる事を製品の最大コンセプトとしました。
特に建設・設備工事業様の業務範囲を広範囲でカバーできる製品です。

工事管理テンプレートの標準機能フロー

特徴(ソリューション、機能)

【ソリューション】

テンプレート型ソリューション
標準テンプレートだけでも、マスタ設定のみで稼働させることができますが、 お客様特有の業務についても、業務特性に応じたテンプレートをベースに開発する ことにより、高品質・短納期・低コストでの基幹システム構築を実現。
建設・設備工事業モデル
数多くの弊社のコンサル・開発実績に裏付けされた”建設・設備工事業モデル” として標準機能を構成・実装。
操作性
完全Web型でありながら、操作性に富んだユーザーインターフェースを実現。
Fit率
建設・設備工事業モデルに特化しているため、高い割合で、ご要件に対し標準機能で対応。
開発支援ツール
業務テンプレートや豊富なシステム部品群を備えたシステム統合・開発基盤。

【機能】

工事原価管理のシステム化において求められるポイントを下記4点と捉え、それぞれの点において、これまでの建設・設備業様におけるシステム構築経験を生かした、特徴的な機能を用意しています。

工事(プロジェクト)の引合~完成までの工事情報を一元管理
工事進行基準の考え方に基づいたシステム化
『案件管理』による複数工事を束ねた”収支の見える化”
精緻な見積・積算情報の作成(オプション)
下図は、工事原価管理に該当する主要機能を抜粋したものです。

特徴的な機能

複数工事を束ねた『案件管理』により”収支の見える化”を実現
同一得意先や同一案件で発生する複数の工事(プロジェクト)の紐付け管理が可能になり、複数の工事(プロジェクト)を束ねた単位での受注/予算/実績(原価)の『見える化』を実現します。
案件単位での受注・予算・発注・実績の対比が実現でき、精緻な収支分析が可能になります。
見積・積算(オプション)
見積・積算の詳細データを入力し、複数バージョンの客出見積書を作成可能。又、複数バージョン作成された見積から、採用見積をもとにして実行予算の作成が可能。
見積・積算段階から蓄積した原価情報と実行予算・実績までを統合して蓄積することにより、工事の開始~竣工まで一貫して詳細レベルの原価管理・把握が可能となります。