RPAテスト支援ツール「ACT-RPA Tester」│ビジネスブレイン太田昭和

十分なテストが実施できず導入が先送り・・・
想定どおりに動作せず開発に手戻りが発生・・・

こんな悩みを
お持ちではありませんか?

スピーディーに
RPA導入を実現する秘訣

メールでの
お問い合わせはこちら

RPAツールの導入機運が高まっています。

しかし、 開発環境で十分なテストが行えず、
導入をあきらめたり、
導入範囲を限定したりする
ケースも多く見られます。

では、 開発・テストを緻密かつ正しく行うには
どうすればよいのでしょうか。

RPA導入に失敗する原因は
なにか?

 RPAの本番運用を開始したもののトラブルが発生して、稼働が先送りになってしまうケースがあります。その多くは、トライアル中に実際の業務を十分に再現できないままテストを実施してしまうことに起因します。再現性が不十分だと、たとえトライアルに使ったシステムではうまくいっても、実際の業務では問題が発覚し役に立たないRPAが開発されてしまいます。

 こうした事態が起きる原因として、試験用のデータが業務全体を網羅していないことや、テスト用のRPAに、正しく実際の業務プロセスが反映されていないことが挙げられます。業務担当者以外からは「単純な作業」に見えても、実際には想像する以上に複雑なのです。

現状のRPA開発

RPA導入の開発・テスト段階の課題 −

1
実際に運用している
システムを使って、
開発・テストすることが困難。
2
利用できるデータが
限られるため、
十分なテストが実施できない。
3
テスト時の想定と
実運用データの差異により、
RPAが想定どおりに動作しない。
 

本番環境の操作を記録し、
擬似的にテスト環境を構築する
RPAテスト支援ツール
「ACT-RPA Tester」で解決!

開発時の手戻りをなくし、短期間でRPAを導入するには、本番環境と限りなく同じ環境で十分なテストを行うことがカギになります。そのためのRPAテスト支援ツールが「ACT-RPA Tester」です。一般的なRPAツールで利用できます。

アクト アールピーエー テスター
「ACT-RPA Tester」導入後

「ACT-RPA Tester」は、本番環境とユーザー端末の間に設置して、実業務でのシステム操作とデータを記録。その情報を元に、本番環境から切り離して本番環境に限りなく近いテスト環境として動作させることで、レアケースの業務も含めて網羅的なテストデータを使ったシミュレーションを実行できます。

「ACT-RPA Tester」を利用することで、別途開発用途として構築されたシステム環境とは違い、別途業務部門側がテスト用データを用意する負担も軽減されます。また、本番環境での操作を記録し、イレギュラーな操作についても擬似的に再現できるため、例外ケースの検証が不十分なため稼働後に正しく動作しない、といったリスクを軽減することができます。

RPAテスター導入後

RPAに限らず、開発の手戻りは
コストにはねかえります。
また、RPAはスピーディーに開発すればするほど
生産性向上に直結し、
投資対効果も高くなります。

「ACT-RPA Tester」を活用して
スピーディーなRPA導入を
実現してください。