Webセミナー

Webセミナー

IFRS新収益認識基準と企業への影響

<内容>

2014年5月に10年を超える検討を経て、すべての業種・取引に適用する包括的で単一モデルに基づく新基準としてIFRS第15号「顧客との契約に基づく収益」が制定され、2018年1月1日以後開始する事業年度より適用されることになりました。
IFRS第15号では、「中心となる原則」を考え方の基盤とし、その原則を工程化した5つのステップで収益を認識します。
収益は企業において重要な業績指標であることから多くの場面で影響があると考えられるので、対応には十分な検討が必要です。
本セミナーでは、基準概要と基準の公表が企業に与える影響についてご説明いたします。

<講師プロフィール>

小板橋 良徳
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
コンサルティング統括本部 アカウンティングコンサルティング事業部 CPA部
公認会計士

会計事務所を経てビジネスブレイン太田昭和入社。入社後はIFRS導入支援、内部統制構築支援など、制度対応のコンサルティングを中心に従事している。

Webセミナー受講 Webセミナーの受講はこちらから

<推奨視聴環境>

CPU 下記OSが問題なく動作する環境
メモリ 下記OSが問題なく動作する環境
解像度 1024×768ピクセル以上
音響機器 イヤホン又はスピーカなど
ネットワーク速度 ADSL回線以上
OS Microsoft Windows XP/VISTA/7
音響機器 イヤホン又はスピーカなど
ブラウザ 最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera (Internet Explorer8をお使いの方は、互換モードを使用してご視聴をお願いいたします。)
ご注意 ブラウザやオペレーティング システムが最新バージョンでない場合は最新バージョンの Adobe Flash Player が必要です。 Adobe Flash Playerをインストールする際は、Googleツールバーをインストールしないようにご注意ください。(インストール画面の「Googleツールバーをインストールする」チェックを外してください)
  • オンラインセミナーは、インターネットへの接続環境があれば、どなたでも無料で視聴することができます。
  • インターネット接続の諸費用(プロバイダー料金、通信料など)は視聴者の方のご負担になります。