BBSのサービス、事例、コラム、セミナーをタグ、フリーワードからお探しいただけます。

タグで検索

フリーワードで検索

間接業務最適化診断サービス

間接業務最適化診断サービス

背景

間接業務の効率化、間接コストの削減はすべての企業で重要な課題となっています。しかし、その対策としては、より効率的なシステムの導入、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)、SSC(シェアード・サービス・センター)構築など多岐にわたり、どの手法が自社にとって最適かを判断し、単純比較するのは難しいところです。

  • 1システムだけ、BPOだけでなく、全体として判断できるコンサルティング会社が少ない
  • 2自社にとって、それぞれの手法にどのようなメリット、デメリットがあるのか分からない
  • 3すべてのベンダーと交渉するのが煩雑

間接業務最適化診断サービスの狙い

間接業務の最適化診断を効果的、効率的に実施するためには、①独立した専門家としての判断、および②システム導入、BPO、SSC構築のすべての領域での豊富な実績を有することが重要です。

1効率的な事前調査による期間短縮

質の高い提案を行うためには、事前調査が重要となります。システム導入、BPO、SSC構築のそれぞれについてのノウハウを結集したヒアリングシートを用いることで、効率的に事前調査を実施することができ、調査の品質を落とすことなく、調査期間を大幅に短縮することができます。これによって、コストや手間などのクライアントの負担を軽減することができます。

2各ベンダーとの交渉をBBSが代行

システム導入、BPO、SSC構築のそれぞれについて数社のベンダーと交渉を行うのは多大な負担となります。すべてのベンダーとの交渉を弊社が代行するため、クライアントの負担を大幅に軽減することが可能となります。

3各企業のニーズに合わせた最適な組合せを提案

間接業務効率化、間接コスト削減の手法をゼロベースで評価し、各企業のニーズに合った『最適な組合せ』を提案します。評価を数値化するだけでなく、システム、BPO、SSCの導入経験から、クライアントの状況を考慮し、導入プロセス、運用リスクも含め総合的に評価します。クライアントの間接業務最適化に向けて、最適な組合せでの提案を実現します。

フレームワークとアプローチ

間接業務最適化診断サービスに関するお問い合わせは下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、
リンク先のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、リンク先のフォームよりご連絡ください。