BBSのサービス、事例、コラム、セミナーをタグ、フリーワードからお探しいただけます。

タグで検索

フリーワードで検索

【2020/11/20 開催】Withコロナ時代、建設業・設備工事業が取り組むべき課題とは

2020年皆様もご存知の通り、新型コロナウィルスの出現により、世界が一変しました。私たちは、働き方はおろか生活様式さえも変えることを余儀なくされ、それは、“ニューノーマル”として身近に根付こうとしています。一方で、建設業・設備工事業各社様においては、2021年4月より適用予定の新収益認識基準についても対応していかなければなりません。本セミナーでは、建設業界の現状を取り巻く環境の変化について考察させていただきます。

  • 受付終了
  • Webオンラインセミナー
日時 2020年11月20日(金)  13:30~14:30
場所

MicrosoftⓇ TeamsとZoomⓇで配信させていただきます。
ご参加者様のパソコンからアクセスの上、ご参加下さい。
※開催日時が近づきましたら、閲覧用のURLをお送り致します。

主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
対象者 経営層様、及び経営企画部門、経理財務部門、情報システム部門、工事管理部門、調達購買部門 等ご担当者様
受講料 無料
定員 100名
お問い合わせ先

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
担当:池田/岡村

セミナープログラム

【講演1】
EY新日本有限責任監査法人
第5事業部
シニアマネージャー
田島 哲平

新収益認識基準における監査対応のポイント

2021年4月の新収益認識基準の導入に向けて、規程やシステム対応等の準備が行われていることと思います。導入時には社内の規程や内部統制の整備が必要になるのと同時に、導入に合わせた会計監査への対応も必要になってまいります。本講演では、来年4月に迫った新基準の導入に際して考慮しておくべきポイントを、監査人目線でお話しします。


講演内容(抜粋)
・建設業における新収益認識基準のポイント
・2021年3月期に必要な対応
・監査人目線でのチェックポイント

【講演2】
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
ソリューションコンサルティング本部
産業ソリューション事業部 第4部
部長
齊田 和宜

Withコロナ時代における建設業・設備工事業で顕在化した課題と改善策

コロナ禍において、業界・業種を問わず様々な企業において、ビジネスモデル転換が急務な状況であり、今後は適応できない企業が淘汰されていきます。その中で、多くの建設・設備企業がビジネスモデル転換において、様々な課題が浮き彫りになっているのではないでしょうか。
本講演では、Withコロナ時代に差し掛かり、建設業・設備工事業において顕在化してきた課題とその改善策をご紹介させていただきます。


講演内容(抜粋)
・紙媒体の廃止による業務簡素化
・現場・現物の状況把握困難に対する解決案
・一元管理・可視化による見通し状況の明瞭化

セミナーの受付は終了いたしました。

お問い合わせは、
リンク先のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、リンク先のフォームよりご連絡ください。