BBSのサービス、事例、コラム、セミナーをタグ、フリーワードからお探しいただけます。

タグで検索

フリーワードで検索

【2021/9/28 開催】会計の専門家による建設業・設備工事業における原価管理セミナー

新型コロナウイルスの蔓延もあり、建設業・設備工事業の企業様につきましても、バックオフィス業務の効率化やペーパレスといった、DXに関する取り組みを積極的にされています。
本セミナーは、4大監査法人である「EY新日本有限責任監査法人」と、50年以上経営会計情報システムの導入をご支援してきた「ビジネスブレイン太田昭和」が、原価管理をテーマに講演をさせて頂きます。
DXを推し進める中で、工事原価管理の仕組みを改めて見直したい企業様のお役に立てば幸いです。

  • 受付中
  • Webオンラインセミナー
日時 2021年09月28日(火)  14:00~15:00
場所

MicrosoftⓇ TeamsとZoomⓇで配信させていただきます。
ご参加者様のパソコンからアクセスの上、ご参加ください。
※開催日時が近づきましたら、閲覧用のURLをお送りいたします。

主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
対象者 建設・設備工事業の経営層、経営企画部門、情報システム部門、工事管理部門、調達購買部門、経理部門
受講料 無料
定員 100名
お問い合わせ先

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
ソリューション営業部 池田/井上

セミナープログラム

EY新日本有限責任監査法人
第5事業部
シニアマネージャー
中條 真宏 

講演1:新収益認識基準導入と原価管理

2021年4月より新収益認識基準が導入されました。新収益認識基準は売上計上に関わる話しですが、建設業や設備工事業などの請負業において売上計上と原価管理は密接に結びついています。本講演では、適切な決算処理の観点から、監査人目線で考える原価管理のポイントについて解説させていただきます。


講演内容(抜粋)
・新収益認識基準の影響
・原価管理が適切に行われなかったら?
・監査人目線での原価管理のポイント

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
ソリューション・コンサル統括本部
産業ソリューション事業部
小池 達也

講演2:Withコロナ時代の建設業・設備工事業における課題と改善事例

近年の調達価格高騰により、多くの建設・施工現場でのコスト増加は顕著であり原価管理の重要性は高まっております。また、コロナ禍において建設・施工現場の業務負荷軽減という課題にも向き合っていかなければなりません。本講演では、工事の原価管理業務改善・システム化の事例を交えながら、『ACT-MBB工事原価管理テンプレート』を活用したソリューションのご紹介をさせていただきます。


講演内容(抜粋)
・案件全体の工事状況の可視化事例
・過去工事情報の蓄積・活用事例
・『ACT-MBB工事原価管理テンプレート』ソリューションのご紹介

参加ご希望の方は下記申し込みボタンからお早めにお申込み下さい。

お問い合わせは、
リンク先のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、リンク先のフォームよりご連絡ください。