BBSのサービス、事例、コラム、セミナーをタグ、フリーワードからお探しいただけます。

タグで検索

フリーワードで検索

業務診断の目的

業務効率化・コスト削減に重点を置いていた「業務診断」の目的は、時代とともに多様化しています。

業務診断の目的

業務診断の考え方

業務診断の項目はその目的によって大きく異なります。
初めから一律的なチェックシートで点数をつけるような診断では多様なニーズにお応えできません。最初に、真の目的を明らかにして、その目的を達成できる調査・分析内容を設定する必要があります。
そこで、本サービスでは経営者・マネージャーの課題認識を整理して、そこから改善方向性の仮説を立案し、その仮説を検証するために必要な調査項目を洗い出すアプローチを採用しています。

課題認識の整理 改善方向性の仮説立案 仮説検証に必要な調査項目の決定

調査項目(例)

バリューチェーン全体調査 個別業務フロー調査 業務ボリューム調査

その他、事業計画達成に向けた課題調査、残業時間調査、業務コスト調査、取引先評価調査など

業務診断の手順

目的により異なる業務診断の手順ですが、大きなステップは同じです。

  • プロジェクト定義(課題の整理と必要な調査・分析内容の設定)
  • 本調査(選定した調査項目について、経営層・管理者・担当者にヒアリング)
  • 事務局セッション(仮説の妥当性の検討・顕在化した課題分析)
  • 追加調査(不足情報の収集)
  • 報告(調査・分析結果、改善方向性、改善の進め方)

①プロジェクト定義だけを先行して実施し、社内合意、サポート体制を整えてから② ③を実施することをお勧めします。

業務診断の手順

業務診断サービスに関するお問い合わせは下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、
リンク先のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、リンク先のフォームよりご連絡ください。