BBSのサービス、事例、コラム、セミナーをタグ、フリーワードからお探しいただけます。

タグで検索

フリーワードで検索

ミサワホーム株式会社様

ミサワホーム株式会社様

経理自動化RPAシステムの構築

高度なBPOサービスの提供やRPAシステムの構築で、財務経理業務の効率化・コスト削減に貢献。

高度なBPOサービスの提供やRPAシステムの構築で、財務経理業務の効率化・コスト削減に貢献。

お客様プロフィール

ミサワホーム株式会社

  • 創立:2003年8月1日
  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿二丁目4番1号
  • 従業員数(連結):8,859名(2018年3月末現在)
  • 事業内容:「ミサワホーム」の企画・設計開発、住宅部品の開発、街づくり事業、環境事業、新素材開発など
在川 秀一 氏(左) 小山 秀次 氏(右)

在川 秀一 氏(左)

執行役員 財務経理担当

小山 秀次 氏(右)

財務経理部 業務標準推進課 課長

概要

注文/分譲住宅の販売やリフォーム、不動産流通など、街づくりや資産活用に関わる幅広い事業を展開しているミサワホーム株式会社様は、少子高齢化などによって市場環境が厳しさを増していることを踏まえ、2012年から業務改革推進プロジェクトに注力。
BBSは、BPO(BusinessProcessOutsourcing)サービスの提供やRPA(Robotic Process Automation)システムの構築で、同社財務経理業務の抜本的な効率化を支援しています。

業務改革推進プロジェクトの柱として財務経理業務の効率化に注力

ミサワホーム様は、間接費の削減をめざす業務改革推進プロジェクトの発足当初からBBSと共同で財務経理業務をはじめとした間接業務全体の改革を進めてきました。出発点は、全国の地域別に展開していた販売子会社の経理シェアードサービス化でした。
各社で異なる請求・支払い方法や帳票類の起票方法の統一などによって効率化を図り間接費を削減するために、財務経理業務をシェアードサービス化し、本社の財務経理部門に集約することを決断したのです。

コンサルティングからこのプロジェクトに参画していたBBSは、既存業務の効率化・標準化やペーパレス化、業務運営の基盤となる情報システムの有効活用などを支援してきました。
さらに、同社ではいっそうの間接費削減に向けて、BBSが熊本に開設したBPOセンター(現(株)BBSアウトソーシング熊本)に2014年から経理業務を段階的に移管。

以来、日常の業務だけでなく、月次決算から本決算まで、専門的な知見・ノウハウが求められる業務についてもBPOセンターで受託するまでに至りました。
とくに、高い専門性を要する決算・税務業務については、外部化によるコスト削減と同社内における経理ノウハウの維持を同時に実現するため、会社ごとに同社シェアードセンターとBPOセンターで担当を分担。担当する会社の標準化された業務を双方で実施することで、ノウハウを共有し、お互いの知見を高めあう取り組みを実施しています。
そうしたなか、BBSが提案したのがRPAシステムを活用した効率化でした。

人手による残高の突合作業をRPAシステムの構築で自動化

BPOセンターでは現在、同社グループ子会社の経費精算をはじめ、債権・債務管理、決算、申告書作成などの業務にフルラインで対応しています。
これらのうち、BBSがRPAの活用を提案したのは勘定明細の作成に関わる業務です。

勘定明細の作成においては、貸借消込による残高明細特定および明細残高と試算表残高との突合確認を実施します。
同社の業務フローでは、業務システムから約50科目分の総勘定元帳データをダウンロードした後、エクセルを使い消込を行ったうえで残高の明細を特定し、作成した明細残高と試算表残高が一致しているかを確認。不明、あるいは想定外の残高が生じた場合は、その内容を調査し、最終的に勘定明細に記載する内容を確定していました。

本来は調査に注力すべきですが、管理科目の多さから、データダウンロード、消込・突合といった作業に相当の工数を要しており、調査に集中できないなどの事象が散見されました。
執行役員 財務経理担当の在川秀一氏は、「RPAは、人の作業を代行してくれるプログラミングされたロボット。既存の業務フローを大幅に見直すことなく、業務負荷を抜本的に削減できます。

これまでの取り組みによって、すでに業務は標準化できていましたので、大きな負荷をかけずにRPAを導入でき、効果を享受できると判断しました」と提案内容を評価します。

開発過程の密な情報共有で業務の透明性を確保

導入の本格的な検討を始めたのは2017年10月頃のこと。要件定義・開発は、BBSが主体となって進め、ミサワホーム様はシステムで自動化される業務の透明性確保に注力しました。
財務経理部 業務標準推進課 課長の小山秀次氏は、「安心して開発を任せていましたが、“どこをどのように自動化するのか”を私たち自身がわかっていないとシステムがブラックボックス化してしまい、新たな課題発生や将来的な効率低下を招きかねません。

そこで、BBSとの継続的なミーティングで自動化後のプロセスも含めて入念に確認するとともに、改善要望は率直に伝えて、システムをつくり込んでいきました」と説明します。
開発は順調に進み、試験運用によってRPAでの勘定明細作成が可能であることを確認できたことで、2018年4月からは本番稼働を開始しています。

勘定明細作成業務におけるRPAの適用範囲

勘定明細作成業務におけるRPAの適用範囲

月間400時間の業務量削減を達成
外販も含めた活用拡大も視野に

RPAは稼働直後から期待どおりの成果を上げています。データダウンロードや消込・突合作業は完全に自動化され、人手の工数を削減すると同時に、不明、あるいは想定外の内容に対する調査に注力できるようになりました。

小山氏は、「RPAは現在、夜間と早朝のみの稼働ですが、すでに月間400時間の業務時間の削減を実現しています。当社は、働き方改革にも取り組んでおり、その実現に向けてもRPAを活用することの意義は大きいと思います」と導入効果について説明します。
そして、同社ではRPAを活用してグループ内の業務効率化をさらに進めていきます。

在川氏は、今回のプロジェクトを振り返りつつ、「短期間のうちにRPAシステムを立ち上げられた理由は、BBSが当社の経理業務に精通していたこと、さらにRPAの開発現場と経理業務の現場が同じ熊本にあり、業務伝達から開発への流れが効率的に進んだことに尽きます。
熊本のBPOセンターのスタッフとは定期的に意見や情報を交換・共有する場を設けており、BBSにはBPOセンターの業務内容をいっそう高度化するとともに、当社の経理人材の育成にも力を発揮してもらいたいと考えています」と今後への期待を話します。

これからもBBSは、財務経理業務に対する知見を活かしたコンサルティングを起点に、BPOや最新技術を活用したシステム構築といった多様なサービスを提供し、同社の業務改革を積極的にサポートしていきます。

お問い合わせは、
リンク先のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせは、リンク先のフォームよりご連絡ください。